ゲーム三昧の人間に生き甲斐無し、裁判官は語る

ゲーム依存症・ネトゲ廃人からの脱出方法、体験談などを記したブログ。ゲーム依存症についての解説も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking
804 名前:ネトゲ廃人@名無し[age] 投稿日:2010/03/06(土) 13:49:34 ID:???
【ゲーム三昧の人間に生き甲斐無し、裁判官は語る】
判決では「経済的には親に依存しながら、約6年間もゲームざんまいの生活を送り、そのような生活に
生きがいを見いだせないのは当然。被告は自分自身で怠惰な生活を選択したのだ」と、生活態度にも
切り込んだ。接見取材で答えに窮すると「別に」と話を打ち切り、持論を披露するときは冗舌になる金川被告。
地裁判決はその人格を見抜き、「更生可能性は極めて乏しい」と断じた。



FC2 Blog Ranking
今回の事件が異例なのは、多くの通り魔事件が社会への不満が動機となるなか、最初から「自殺は痛いから
死刑になりたい」という動機で凶行に走った点だ。地裁はこの特異な動機についても「知識もないのに、
苦痛なく死ねると勝手に思い込んでいるにすぎず、現実の死刑制度との間に大きな齟齬(そご)がある」と
はねつけた。実際「死刑に苦しみがないと言えるのか」と疑問視する専門家もおり、この文言は金川被告の
浅薄さを浮き彫りにすると同時に、同種犯罪を防止する伏線を張ったようにもみえる。

臨床心理士の長谷川博一・東海学院大教授(50)によると、法廷で「早く死刑にすればいい」と居直っていた
大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件の宅間守元死刑囚は、死刑確定後の接見に「朝方、死刑が執行される
夢を見て、飛びおきる」と答えたという。遺族と被告、双方を取材した者として「死の重さ」に対する金川被告の
浅薄さは理解しがたいものだった。(小林泰明)

(2009年12月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20091219-OYT8T00032.htm
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gamehaijin1.blog27.fc2.com/tb.php/22-3222f49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ゲーム依存症・ネトゲ廃人からの脱出 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。